トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 花粉シーズンは家にいても花粉が気になります。自宅で快適に過ごすための効果的な花粉対策を教えてください。

身近な疑問

花粉シーズンは家にいても花粉が気になります。自宅で快適に過ごすための効果的な花粉対策を教えてください。

花粉の飛散量が増える春先は、屋内にいても花粉が気になります。せめて家にいるときくらいは、快適に過ごしたいものです。家庭でできる花粉対策は大きく分けて2つ。「花粉を家の中に入れないこと」と「入り込んでしまった花粉を取り除くこと」。エステーR&D部門研究グループの高岳留美研究員がそれぞれのポイントを紹介します。

外から入ってくる花粉をシャットアウト

屋外の花粉が家の中に入ってくる主な原因は、“部屋の換気”や“ふとんや衣類への付着”です。まずはこの2点を見直していきましょう。

部屋の換気は、花粉の飛散が多い日中はできるだけ避け、朝や夜に行うようにすると効果的です。窓を開けるときは、全開にせず、網戸やレースのカーテンを閉めて花粉の侵入を防ぎましょう。

また、外に干したふとんや洗濯物には、たくさんの花粉が付着しているので、そのまま室内に取り込んでしまうと、一緒に持ち込んでしまうことになります。花粉の飛散量が多い日はなるべく外に干さずに、日当たりのよい部屋の中で干したり、乾燥機を使うなど、工夫しましょう。ふとんの部屋干しは、椅子を使うと便利です。「外に干さないと、ふとんのジメジメやニオイが気になる」という方には、ふとん用の除湿シートなどを活用しましょう。

帰宅するときも油断できません。玄関に入る前に、衣類や髪に付着した花粉をブラシや手で払い落とす習慣を身につけることで、室内に入る花粉を最小限に抑えられます。

室内の花粉は舞い上がらないように掃除する

花粉の侵入を100%防ぐことはできないので、部屋を掃除する際のポイントも抑えておきましょう。床に落ちた花粉は、最初に拭き掃除で取り除いてください。いきなり掃除機をかけると床に落ちている花粉が舞い上がってしまいます。人がたくさん出入りしたり、頻繁に開け閉めされる玄関や窓の近くは、特に花粉がたまりやすいスポットなので、念入りに掃除してください。また、空気が乾燥していると花粉が舞いやすくなるため、室内の加湿も大切です。

マスク+香りの力で花粉をガード

花粉シーズンは、屋外、屋内にかかわらずマスクが手放せません。特に、部屋の掃除や換気をするときは花粉が舞う可能性もあるので、屋外と同じようにマスクを着けましょう。加えて、「MoriLabo 花粉バリアスティック」をマスクに塗るとさらなる花粉対策に!エステーの研究では、花粉バリアスティックに配合されているトドマツオイルの香り成分が、スギ花粉をコーティングすることで、アレル物質の働きを低減することがわかりました。香りの力でガードする新しい花粉対策へのアプローチです。