トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > 湿気・カビ対策 総まとめ  発生原因から予防・除去方法まで徹底解説!

季節のくらし

湿気・カビ対策 総まとめ  発生原因から予防・除去方法まで徹底解説!湿気・カビ対策 総まとめ  発生原因から予防・除去方法まで徹底解説!

カビ取り剤などはよく目にするけれど、そもそもカビって何なのでしょうか。実際カビってどんなもの? どうして除去しなくてはいけないの? など、カビのことを正しく理解すれば、対策にも納得できるはず。エステーR&D部門研究グループの守谷和騎研究員が、予防や対策の前にカビのことについてお話します。

菌とカビは何が違う? なぜカビは要注意なの?

カビとは、微生物群の一種で、菌の仲間です。菌は約40億年前から生息しているのに対し、カビは10億年程度。どちらもとても長いものの、その差はかなりあります。そこからわかるのは、カビの方が菌よりも複雑化しており、生きる力が強いということ。環境が悪くても生きていけるのです。

カビは真菌と呼ばれ、その仲間には酵母やキノコも含まれます。糸状の菌糸から栄養や水分を吸収し伸びていきます。成熟した菌糸から胞子を作り、それが空気中を舞って移動するのです。胞子が栄養や水分を吸収し、新たな場所で育ちます。

なぜそのままにしていてはいけないの?

カビはなぜ毛嫌いされているのでしょうか? カビの胞子は基本的にどんな空間でも漂っており、少量を吸い込む分には問題ありません。基本的に、体内に入ったからといってすぐに強い毒性があるというものではないのです。
ただし、カビが付いている食べ物を口にしたり、根を生やして大量の胞子を出しているものを吸い込むと、ぜん息やアトピー性皮膚炎など、アレルギー性疾患の原因となる場合もあります。また、免疫力が極端に落ちている人が吸い込むと、感染症発症の可能性も。
黒っぽい種類が多いので見た目が悪く、ニオイも発生します。また、カビはダニの餌になりやすいため、間接的に健康に害を与えます。

カビが発生する3条件は「湿度」「温度」「栄養」

カビが発生する条件は、基本的には温度と湿度と栄養です。この全てが揃うと、胞子が付着した場所から発育していきます。それぞれ、次のような条件となっています。

●湿度

 最適温度は25℃。5~35℃前後でも生育します。

●温度

 一般的なカビは湿度80%以上が必須条件。乾燥状態を好む一部のカビでも65%は必要です。

●栄養

 たんぱく質や炭水化物、油脂などの有機物が栄養になります。主に皮脂汚れやほこり、たべこぼしなど。

温度の5~35℃という条件は人間にも快適な温度なので、取り去ることは難しいでしょう。そのため、カビを防ぐためには湿度や栄養の条件を取り除くことを考えます。