ココが知りたい!身近な疑問

玄関に漂うイヤなニオイがストレス…。ニオイの原因と対策を教えてください

家に帰ったら玄関がクサイ…なんてことありませんか? たとえニオイが気にならなくても、自分の鼻が慣れてしまっているだけで、訪れるお客さんは敏感に感じ取っている場合も。家の第一印象を決める玄関だからこそ、ニオイ対策は万全にしておきましょう。エステーの松澤雅人研究員が、ニオイの原因や発生源、効果的な予防方法をご紹介します。

玄関は家の中でも特にイヤなニオイを感じやすい場所

エステーの調査によると、玄関はトイレと並んで家の中で最もニオイが気になる場所と言われています。玄関にはリビングやキッチンなど別の部屋で発生したニオイも漂っていますが、中でも「靴や足のニオイ」が気になる人が多いようです(エステー調べ)。
しかも、玄関は家に入る際に最初に通る場所なので、外の新鮮な空気を吸っていた直後だと、鼻が悪臭を敏感に感じ取ってしまいます。自分で家の玄関のニオイが気になったり、来客の時にクサイと思われていないか気にしたりするのはストレスですよね。

悪臭の原因は足の汗や皮脂の成分が染み付いた靴

玄関で感じる悪臭の大きな原因は、玄関や下駄箱に置いている靴。靴を履いている間に汗や皮脂の成分が靴に染みつき、それを雑菌が分解すると、悪臭成分の「イソ吉草酸」が発生して玄関に漂います。人間の足は1日にコップ1杯分の汗をかくとも言われており、靴の中は高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

また、「カビ臭」も玄関のニオイの原因の1つです。玄関は風通しが悪く、湿気がこもりやすい場所。靴の中にこもった湿気はもちろん、持ち帰った傘や靴に付着した雨水などを乾かさずに放置しておくと、湿気がこもってカビが発生する原因に。特に、梅雨の時期や夏場は気温や湿度が上がり、雑菌やカビが繁殖しやすくなるので注意が必要です。 こうした靴のニオイやカビ臭は少量のニオイ成分でも、人がニオイを感じやすいのが特徴。しっかりと対策を行うことが大切です。

ニオイを発生させないためには雑菌を増やさないことが重要

玄関のニオイを発生させないためには、まずは靴の湿気対策を行って雑菌を増やさないようにすることが大切です。菌は高温多湿を好むため、脱いだ靴は下駄箱へ入れる前に乾かしましょう。

洋服や下着は毎日着替えるのが当たり前でも、靴は履きやすいものを何日も続けて履いてしまいがち。靴の中の湿気をためこまないためには、毎日同じ靴を履くのを避けたり、オフィスでは靴を履き替えたりすると理想的です。

また、雨などで濡れた場合は、丸めた新聞紙を靴の中へ入れるなどして、まずは水分をしっかり取り除きます。その上で、「備長炭ドライペット くつ用」など専用の除湿剤を靴の中に入れておくのもおすすめです。

靴と同様に、下駄箱や玄関の湿気・カビ対策も忘れずに行いましょう。下駄箱は、扉を定期的に開けて湿気がこもらないようにしてください。下駄箱のニオイが気になる場合は、下駄箱用の除湿剤を活用すればより安心です。玄関は、こまめにドアを開けて換気しましょう。換気する際には、ドアと反対側の窓や扉を開けて、風の通り道を作るのがポイントです。

気になるニオイは専用の消臭芳香剤で効果的に消臭!

消臭力 DEOX 玄関用」は、玄関の靴臭を感じにくくする〔レセプターブロック消臭〕を採用した消臭芳香剤です。人の鼻の奥にはニオイを感じるセンサー「レセプター」があり、そこに悪臭の原因分子がはまると人はニオイを感じます。〔レセプターブロック消臭〕とは、「レセプター」に香り分子を先回りさせることで、悪臭の原因分子をブロックし、いい香りだけを感じさせる機能。玄関に置くだけで靴臭などの嫌なニオイを効果的に消臭します。

ニオイが発生しないよう予防することはもちろん大切ですが、玄関に靴がある限り繰り返し発生するニオイをケアするのは大変です。消臭芳香剤を効果的に活用し、玄関の臭いストレスを解消しましょう。

※本記事は、2016年5月に公開した内容の一部をリニューアルしています。

関連する記事