トップページ > くらしにプラス > 季節のくらし > シンプルライフ研究家 マキさん流 お気に入りを長く大切に着る「スローファッション」のすすめ

季節のくらし

シンプルライフ研究家 マキさん流 お気に入りを長く大切に着る「スローファッション」のすすめシンプルライフ研究家 マキさん流 お気に入りを長く大切に着る「スローファッション」のすすめ

最近は、「流行りの服を次々に買い替えるより、お気に入りの服を長く着たい」と思っている人が増えています。お出かけの機会が少なくなり、人に見られるより、着心地のよさや自分にとっての「お気に入り」を求めるなど、ファッションへの意識も変わりつつあります。シーズンごとに使い捨てるのでなく、良質なものを長く着続けるのが「スローファッション」という考え方。シンプルライフ研究家のマキさんに、スローファッションのコツを伺いました。

シンプルライフ研究家
マキさん

クローゼットの中のお気に入りを自分の「定番に」

マキさんは、シンプルな暮らしをするためにたくさんのものを捨てた時期があるそう。「流行りの服」や「着心地の悪い服」は残らず、いつも着ているお気に入りの服だけがクローゼットに残りました。そのときに気が付いたのは、「お気に入りじゃないから着ていないのに、出番が少なく着ないからきれいなまま捨てられない」というアイテムでした。

お気に入りのものは、自分のクローゼット内でよく着ているもの。ファッション誌やデパートで見つけるのではなく、クローゼットの中で見つけた自分にとってのお気に入りを「スタンダード」と定めましょう。

「スローファッション」は、毎日着たいと思えるお気に入りだけを大切に着ることではないでしょうか。移り変わりの早いファストファッションをすぐに使い捨てるのではなく、お気に入りを丁寧に着ることで、服を長く楽しめるとともに、1着1着が輝いて見えるようになってきます。

自分のこだわりとマイルールを持つ

たくさんのファッションアイテムがある中で、シンプルに暮らすには自分のルールを見つけることが大切です。マキさんは、着心地やお手入れの観点で、ワンピースはリネン100%のものを選んでいます。また、家事をするので腕まくりしやすいように袖がゴムになっていて、着脱しやすいように首元がゆるめのものがお気に入り。

素材は、リネンやコットンなどの天然素材を選びます。肌ざわりがよく着心地がよい上に、毛玉など気にせずお洗濯できてお手入れも簡単です。

ワードローブで一番大切なのは、マキさんが「ワンマイルウェア」と呼んでいるもの。寝間着と部屋着、近所に出かける服は同じものにしています。それを一番着心地良く、一番のお気に入りにすることが大事なのだとか。加えて、お出かけ用の服を数着持っておけばOKです。

自分のライフスタイルや、似合うもの、好きなテイスト、着心地などを踏まえ、つい着てしまうようなお気に入り服を定番にしていきましょう。

買い物は店員さんを味方にして

自分のこだわりやマイルールを持つと、買い物に失敗しづらくなります。これまでのお気に入りをベースに、足りないものを入れ替えるだけなので、ひとめぼれをして買うようなことがなくなります。

ただ、少しだけ違った形や色を試してみたいなと思うこともあるかもしれません。そんな時におすすめなのは、お気に入りのショップを見つけ、店員さんを味方に付けること。じっくり話しながら選べば、コーディネートや最近の旬も教えてくれます。できれば、店員さんにワードローブや好みを把握してもらえるとベストです。

気になる服を見つけても一度で決めずに、写真やお店で何度も確認して、「どうしても欲しかったら買う」というくらいにします。もし売り切れていたら縁がなかったと諦める。そんな冷静さも大切です。