トップページ > くらしにプラス > ココが知りたい!身近な疑問 > 気になるペットのにおい、消臭対策を教えてください

身近な疑問

気になるペットのにおい、消臭対策を教えてください

近年では、家族の一員として室内でペットと一緒に生活する人が増えており、可愛い反面で、気になるのがペット特有のにおいです。大切なペットと快適に暮らすために、においの原因を踏まえ、しっかり対策していくことが大切。エステーR&D部門研究グループの船橋一良研究員が、犬と猫それぞれのにおいの傾向やにおい対策のポイントを紹介します。

ペットの体臭か? 尿や糞のにおいか?

SONY DSC
ペット特有のにおいの主な正体は、「動物の体から出るにおい」と、「動物の排せつ物から出るにおい」です。それぞれの対策を整理しましょう。

体から出るにおいは、動物の汗臭やそもそも持っている体臭です。ペットが室内を動き回ることで、部屋全体ににおいが広がっていきます。
特に、カーペットやソファ、カーテン布製品には、汗や体臭がつきやすく、においの発生源になります。そのため、洗えるものはこまめに洗濯することが、におい対策となります。
ソファなどが洗えない場合は、ペットが直接寝たり座ったりできないよう、洗濯できるラグやシートを敷いておくとよいでしょう。

排せつ物のにおいケアは、トイレシートを排せつ後できるだけ早く交換することが大事です。糞や尿を放置するとにおい成分が飛散し、近くのマットやカーテンにも移ってしまうからです。
また、尿が壁や床に付いてしまったら、できるだけ早く拭き取ってください。

最近は共働きの家庭も多いので、トイレシートをすぐに交換するのが難しいという場合も多いでしょう。消臭や脱臭効果のあるトイレシートやペット用の消臭剤を使うのも効果的です。

犬は体臭、猫は尿臭が強い


同じペットでも、犬と猫では体臭や排泄物のにおいが異なります。ペットに合わせたにおいケアもおさえておきましょう。
犬の体臭は、「アポクリン腺」という汗腺から分泌される、脂質やタンパク質を含む汗が主な原因です。この汗腺は人間のわきの下などにもあり、ワキガ臭がこれにあたります。定期的にペット用のシャンプーで洗ってあげることで、抑えることができます。

kitten cat in toilet tray box with litter top view isolated on w

犬に比べると、猫には体臭がほとんどありません。ネコ科の動物は、獲物を捕らえるときに、自分のにおいを消す必要があるためだそうです。

一方で、猫は尿のにおいが強くなります。
犬が水をたくさん飲むのに比べ、猫はあまり飲みません。これは、猫がもともと砂漠のような乾燥地帯で暮らしていた名残と言われています。少ない水分に多くの老廃物を凝縮してしまうため、猫の尿はにおいが強いのです。
そのため、猫を飼っている方は、トイレ周りの掃除や消臭を重点的に行ってください。

換気はこまめに。強いにおいでごまかすのはNG

いずれにしても、ペットのにおい対策にこまめな換気は欠かせません。特に、雨の日や寒い日は窓を閉めっきりにして、空気がこもりがちになります。天候のよい日を見計らい、しっかりと換気をしましょう。暑くジメジメした日は、微生物の働きが活発になることに加え、人間の嗅覚が敏感になるため、悪臭がより強く感じられます。

ペットのにおいでお困りの家庭では、アロマを焚いたり、必要以上に芳香剤を置いて悪臭を消そうとしているケースがあります。しかし、嫌なにおいに、強い香りをかぶせてごまかすのは得策ではありません。強いにおい同士が合わさり、もっと嫌なにおいになる可能性があるのです。

エステーの消臭芳香剤は、悪臭を香りの一部として取り込むことで、より良い香りに変える「ペアリング消臭」という原理を採用しています。そのため、ほのかな香りでもしっかりと消臭することができます。ペットのにおいに特化した専用の消臭芳香剤もあるので、ぜひ活用してください。