トップページ > くらしにプラス > 空気チャンネル > ニューノーマル花粉対策ガイド〜コロナ&花粉を乗り切る8つの対策〜

空気チャンネル

ニューノーマル花粉対策ガイド〜コロナ&花粉を乗り切る8つの対策〜

新型コロナウイルス(以下、コロナ)が流行する中、2021年の春は特別な花粉シーズンになります。「ニューノーマル」の生活の中で、花粉とどう付き合うか? エステーがまとめた「ニューノーマル花粉対策ガイド(監修:王青躍先生/久住英二先生)」を紹介します。

今シーズンの花粉対策は例年にも増して万全に


ちょっとした咳やくしゃみが、コロナか?花粉か? 自分でも、周囲の人にもわかりづらいのがやっかいです。余計なストレスや周囲とのあつれきを避けるためにも、2021年の春はしっかりと花粉対策をしましょう。
例年は精神力で乗り切っている人も、飲み薬や点鼻薬、その他花粉対策グッズをフル活用するのがおすすめ。症状の重い方は、早めに医師に相談を。

家族だけの空間なら換気はほどほどでOK


三密を避ける換気は、コロナ対策の基本とされています。空気を入れ替えると花粉も一緒に室内へ入ってくるので、花粉症の方にはつらいところです。
コロナが流行している間、電車や店舗、オフィスでは換気の機会が多くなります。しかし、家庭内は事情が違います。

久住先生は「家庭では、発熱などの症状がないかぎり、できるだけ普段どおりに生活することをおすすめします。家族との十分なコミュニケーションや、リラックスした時間も、心身の健康を維持する上で大切なことなのです」とコメントしています。
家の中でも花粉症に耐えて換気をする必要があるか、家族で話し合いましょう。

くしゃみはマスク必須できるだけ下を向いて


咳やくしゃみの飛沫は、ウイルスの感染源となります。正しくマスクを着用していれば、リスクは大きく抑えられます。
それでも、100%の防御はできないことは、心にとめておきましょう。せきやくしゃみをするときは、マスクをしていてもできるだけ下を向いて、飛沫が広がるリスクを下げましょう。
口元を手で抑えた場合は、マスクをしていても飛沫が付いている可能性があります。アルコールなどで早めに消毒してください。

また、マスクやハンカチ、袖などで口元を覆う「咳エチケット」について、マスク着用時は袖でおおうことは控えた方がよいでしょう。袖に飛沫が付いて他人への感染リスクになる可能性があります。

目や鼻をかく前に消毒を 花粉メガネはコロナ予防にも


コロナの主な感染経路には飛沫感染と、唾液や体液(汗は除く)、排泄物などに直接・間接的に触れて起こる接触感染があります。
ウイルスが付いた手すりやつり革をつかみ、その手で口や目、鼻など粘膜を触ってしまうと感染の原因になります。花粉症で目や鼻のかゆみがつらい方は、この季節特に接触感染に注意しなければなりません。
手指は常に清潔に保つよう心掛けましょう。基本的な感染対策ですが、花粉シーズンはこれまで以上に、こまめな手洗いやアルコール消毒を意識してください。
なお、花粉対策メガネは一石二鳥のおすすめアイテム。目元を覆って花粉をガードするだけでなく、手で目を触って起こる接触感染を防ぐ効果もあるからです。