On Style 腰40℃

新製品

On Style 腰40℃ 5枚

5枚

新製品

2020年09月04日発売

印刷

このページをシェアする

製品の特長

あたためて今日もイイ調子♪

●肌に直接貼り、腰をしっかり温める温熱シートです。
●約40℃の温かさが8時間持続し、しっかり温め続けます。
●血行を促進し、腰のハリや疲れをほぐし、痛みをやわらげます。
●薄型分割形状なので、動きに強く、フィットします。
●肌にやさしい粘着シートを採用しています。

使用方法

腰の汗や水分などをよくふき取る。使用直前に袋から温熱シートを取り出し、フィルムをはがして直接肌に貼る。シートを軽く押さえ、肌に密着させる。


【おすすめの貼り方】
[痛みに合わせて][冷えには下部に]

【使用目的又は効果】
使用目的:温熱療法
効果:温熱効果 1.血行をよくする 2.筋肉のコリをほぐす 3.筋肉の疲れをとる 4.神経痛、筋肉痛の痛みの緩解 5.胃腸の働きを活発にする 6.疲労回復

■保管のお願い
ご使用に際してこの説明書きを必ずお読みください。また、必要な時に読めるように保管してください。

【形状、構造及び原理等】
1.形状 18cm×8.4cm
2.原理 鉄粉の酸化反応による発熱

【保管方法及び有効期間等】
●保管方法:直射日光をさけ、涼しい所に保管する。幼児の手の届くところに置かない。
●有効期間:側面に記載

使用シーン

使用上の注意事項

<使用方法等に関する使用上の注意>
①就寝時や寝具の中などで使用しない。
②こたつやストーブなどの暖房器具と併用しない。
③強く押さえつける状態や長時間圧迫するような状態で使用しない。(ベルトやハラマキ、コルセットなど)
④すぐはがせない状態で使用しない。
⑤運動時は使用しない。
⑥貼付した肌の状態を確認できない状況で使用しない。

再使用禁止

【禁忌・禁止】(守らないと副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.再使用禁止。
2.次の人は使用しない。①糖尿病などで温感や血行に障がいのある人。②自分ではがすことができない人。[①②重度のやけどになることがある]③温まると湿疹などが出る人。
3.次の部位には使用しない。①粘膜や傷口。②打撲、捻挫などで腫れや熱がある部位。③湿疹、かぶれなどのある部位。④薬などを塗った部位。[①②③④悪化の恐れがある]

1.使用注意(次の方は慎重に使用すること)皮フの弱い方[やけどになりやすい]、高齢者[生理機能が低下していることが多く、やけどすることがある]
2.重要な基本的注意
1)次の方は使用前に医師または薬剤師に相談する 医師の治療を受けている方。妊娠中の方。薬や化粧品などでアレルギー症状(発疹・発赤・かゆみ・かぶれ等)を起こしたことのある方。
2)発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・刺激感・痛み・皮フはく離などの症状が治まらない場合は直ちに使用を中止し、本品を持って医師または薬剤師に相談する。
3)使用中の注意①低温やけど予防のための注意 低温やけどとは体温より高い温度の発熱体を長時間あてていると起こるやけどのこと。気がつかないうちに起こる場合があるので、時々肌の状態を確認する。②熱いと感じたり、異常を認められる場合はすぐにはがす。③温熱効果により肌が赤くなったり、かゆみを感じることがあるので、時々肌の状態を確認し、8時間を限度として使用する。④同じ部位への使用は1日1枚とする。

【取り扱い上の注意】
●本品をはがす時はゆっくりはがす。(貼り直すと粘着力は低下する。)
●入浴時は必ずはがす。
●本品は、もんだり、無理に折り曲げたり、破ったりしない。
●内容物が肌に直接触れた場合は、ぬれたタオル等でふき取るか洗い流す。
●本品を洗濯したり水にぬらさない。内容物のサビで汚れる場合あり。
●発熱が終わったらすぐに捨てる。
●本品は食べられない。誤って口にした場合は、すぐに医師に相談する。
●使用後は市町村の区分に従って捨てる。
●有効期間内に使用する。
●用途以外に使用しない。

応急処置方法

●本品は食べられない。誤って口にした場合はすぐに医師に相談する。

品名
家庭用温熱パック
内容量
5枚
寸法
18cm×8.4cm
温度/持続時間
発熱温度 約40℃
持続時間 8時間

その他の用途・製品ー カイロ(使い捨て)