カイロ お役立ち情報

カイロの仕組みと温度

封を切るとどんどん温まっていくカイロは、寒い日の必需品です。使い捨てカイロは手軽に冷えを解消できますが、どのような仕組みで温かくなっているのかご存じでしょうか。この記事では、カイロの仕組みや温度についてご紹介します。

カイロの仕組み

外袋から取り出すと、ポカポカと温かくなっていくカイロ。カイロはなぜ外袋の封を切ると温かくなるのか不思議に思ったことはありませんか?まずはカイロがどのような仕組みで温かくなるのか解説します。

カイロはなぜ温かくなる?

カイロが温かいのは、鉄が酸化反応を起こすときに発生する熱を利用していることが理由です。鉄は酸素や水と結びつくと酸化鉄に変化します。カイロを外袋から取り出すと、中に含まれている鉄粉が酸素に触れて酸化反応を起こします。カイロの鉄粉がこれほど早く酸化反応を起こすのは、鉄粉と一緒に鉄の酸化反応を早める材料も入っているからです。

カイロの原材料

カイロの原材料は、鉄粉・活性炭・保水材(バーミキュライト・木粉・吸水性樹脂)・水・塩類です。鉄はさびることによって発熱しますが、ゆっくりと反応するため、私たちの身の回りの鉄は酸素に触れたからといって急激にさびて熱を発することはありません。

活性炭は表面に小さな孔が開いていて吸着する働きがあります。カイロに含まれる活性炭が空気中の酸素を取り込み、酸素の濃度を高めることで鉄粉がさびるのを促進するのです。また、水や塩類は鉄分がさびるのを速くする働きがあります。水で鉄がべたべたするのを防ぐため、バーミキュライトなどの保水材に水をためておき、酸化反応するときに放出します。

これらの原材料が入っているカイロの袋は不織布でできています。不織布は空気を通すので、鉄が酸化しやすいのです。カイロはこれらの原材料の選定と配合比率によって温度や持続時間などの特性が変わります。エステーの「はるオンパックス」は、長時間適温が続くのが特長です。

カイロの温度

冷えた手指や体を温めてくれるカイロはどのくらいの温度かご存じですか?カイロの温度は商品によって異なり、どれもパッケージに最高温度・平均温度・持続時間が記載されています。たとえばエステーの貼るカイロ貼らないカイロの温度は次の通りです。

【貼るカイロ「はるオンパックス」レギュラーサイズ】

  • 最高温度…63℃
  • 平均温度…53℃
  • 持続時間…14時間

【貼らないカイロ「貼らないオンパックス」レギュラーサイズ】

  • 最高温度…66℃
  • 平均温度…53℃
  • 持続時間…20時間

貼るカイロ・貼らないカイロ(レギュラーサイズ)の平均温度は同じですが、最高温度や持続時間はそれぞれ異なります。また、肌に直接貼るタイプや靴の中で使うタイプは温度が低めの設定です。

さらに屋外での作業やスポーツ観戦など、通常のカイロの温かさでは満足できないときのための高温カイロもあります。エステーの「オンパックス極熱(はる・はらない)」は、最高温度が高く、より高い温熱効果を得たいときに最適です。貼るタイプは最高温度65℃・平均温度54℃で、貼らないタイプは最高温度73℃、平均温度61℃です。従来品に比べて温度が高いだけでなく、温度の立ち上がりが早いため、すぐに温かく使えます。

オンパックス 極熱(はる)

オンパックス 極熱(はらない)

カイロは独自のレシピと配合技術により、用途に応じて最適な温感や持続性を発揮しています。貼る部位や使用シーンに合わせて選びましょう。